日経賞はウインバリアシオンが捲って快勝!天皇賞(春)へ

日経賞

1着 ウインバリアシオン
2着 ホッコーブレーヴ
3着 ラストインパクト

天皇賞(春)へ向けて、有馬記念2着以来のウインバリアシオンと、宝塚記念4着以来の9ヶ月ぶりとなるフェノーメノの2頭のレースぶりが注目された日経賞は1番人気ウインバリアシオンが4コーナーで捲って力で押し切る1馬身3/4差の快勝。

ウインバリアシオンは惜しいレースが続いていたことや、長期休養もあってこれが約3年ぶりの勝利で、青葉賞以来となります。
G1で3度オルフェーヴルの2着を経験している馬ですが、屈腱炎を乗り越え、また大きなチャンスが巡ってきましたね。
一昨年の天皇賞(春)は折り合いに専念するオルフェーヴルを意識するあまり、ビートブラックに逃げ切られてしまったレースですが、あのレースで3着は位置取りを考えれば十分で、自身の成績やハーツクライ産駒である事も考えると京都はベストではありませんが、こなせる範囲でしょう。

あとは相手関係ですが、昨年の天皇賞(春)を制しているフェノーメノは今回使って良化してくるでしょうし、ゴールドシップは阪神大賞典では久々に強い競馬を見せました。
大阪杯ではキズナやメイショウマンボが始動します。(エピファネイアは天皇賞(春)は使わない予定)

2着ホッコーブレーヴは毎回いい脚を使って伸びてきますが、どうしても展開に左右にされてしまいます。
今回は馬場や展開も上手くハマった感じですね。ウインバリアシオンが捲ったところでは我慢していて、悪く言えば着を拾う形ですが、天皇賞(春)でも自分の競馬に徹してどこまで、という形でしょう。
バンデが飛ばして有力どころが早めに仕掛けていく中で、腹を括って溜めているような展開なら一発あるかもしれませんね。

3着ラストインパクトは狭い内々を回って最後までしっかりと伸びました。
今の中山の内はコースロスがなくても、馬場は悪く、あの内を通れた事がプラスだったかと言うとなかなか微妙です。
中山2500で今日のような競馬が合うタイプではないので、3着に来れた事自体は力をつけている証明だと言えるのではないでしょうか。
元々期待されて馬ですし、今後が非常に楽しみです。

フェノーメノは前々でいい形に見えましたが、やはり休み明けが響いた形ですかね。
ただ馬体重が-8kgと減っていた事と、かかり気味に進んで前々でいっぱいになるような形で、休み明けの競馬としてはあまり良い形ではなかったように感じますね。
ステイゴールド産駒という事で完全に復調するには少し時間がかかるような気もしますが、今の中山は特殊な馬場でもあるんで、そのあたりの影響もあったと考えれば、京都の天皇賞(春)では一変する可能性もありますね。

天皇賞(春)はフェノーメノが完勝。ゴールドシップは不発5着

天皇賞(春)

1着 フェノーメノ
2着 トーセンラー
3着 レッドカドー

圧倒的人気に支持されたゴールドシップはいつものように早めに仕掛けて捲りにいくも、いつもの勢いがなく4コーナーでは外からジャガーメイルに被せられてしまうような手応えで、直線を向いても伸びる力はなし。
中団から徐々に進出したフェノーメノが抜け出し完勝となりました。

勝ったフェノーメノはきちんと折り合えた事で初の長距離を克服できました。中団から徐々に押し上げていって、4コーナーでは先頭に並びかける理想的な形で、ゴールドシップがやや不発気味だったのは確かですが、この馬の完勝といっていい内容だったのではないでしょうか。
この後は宝塚記念に向かうようですが、元々中距離の方がいい馬で阪神の2200も合いそうです。宝塚記念ではゴールドシップに加え、オルフェーヴルやジェンティルドンナも参戦予定となっていますので、非常に楽しみです。

2着トーセンラーはフェノーメノの後ろから進め、4コーナーではフェノーメノの外に並びかける形まできましたが、直線を向いたところでフェノーメノに離されてしまいました。
距離の問題もあるのかもしれませんが、このレースに関してはフェノーメノには力負けの印象ですね。
ただG3をなかなか勝ち切れなかった昨年から考えれば、今年に入っての京都記念とこの天皇賞(春)の結果は悪くありません。京都が合うのは間違いなさそうですが、今の状態であれば宝塚記念でも無視はできません。

5着に敗れたゴールドシップはこういう乗り方しか出来ない以上、今回のようなリスクは常にあるという事でしょうね。スタートで後方になるのは想定内だったと思いますが、その後もずっと余裕がなかったように見えたレースでした。
ただ4コーナーあたりのあの手応えで5着したのはさすがと言えますね。あの仕掛け方で不発に終わった場合は馬群に沈んでいてもおかしくありません。

天皇賞(春)。フェノーメノは3200に対応できるのか

今週末はいよいよ天皇賞(春)です。
ゴールドシップに人気が集中しそうですが、菊花賞や有馬記念、そして前走の阪神大賞典を見る限りではなかなか死角が見当たりません。

そこで今回は2番人気が予想されるフェノーメノに注目してみます。
昨年は菊花賞ではなく天皇賞(秋)に出走し2着、その後JCを5着して有馬記念は出ていません。
今年になって日経賞を快勝した事で距離にメドがつき、天皇賞(春)出走となったわけですが、このように天皇賞(春)で人気するくらいの実績を持ちながら、菊花賞や阪神大賞典などの3000m以上のレースを使っていなかった馬を過去の天皇賞から探してみます。
天皇賞(春)での人気は単勝オッズ10倍以下、もしくは3番人気以内としています。

3000m以上の経験がなく天皇賞(春)で10倍以下の人気馬
馬名 前年有馬 前走 天皇賞(春)
12 トーセンジョーダン 3人気5着 大阪杯
2人気3着
3人気2着
11 エイシンフラッシュ 5人気7着 大阪杯
3人気3着
3人気2着
11 ペルーサ 3人気4着 日経賞
2人気2着
4人気8着
11 トゥザグローリー 14人気3着 日経賞
1人気1着
1人気13着
07 マツリダゴッホ 日経賞
1人気3着
5人気11着
03 ツルマルボーイ 大阪杯
2人気3着
2人気4着

前年の有馬記念出走馬が多かったので、一応追加してみました。
なんとなく成績的にフェノーメノとイメージの似ている馬が揃ったのではないでしょうか。
ちなみにこのタイプが多かった11年の天皇賞(春)は前年菊花賞7着で大阪杯を勝ってきたヒルノダムールが制しています。

この時点で既にG1勝ちのあったトーセンジョーダンとエイシンフラッシュは2着となっていますが、G1勝ちのない残り4頭は負けていて、特に日経賞組は人気を大きく裏切る結果になっています。
ただ日経賞からというステップ自体はマイネルキッツが2年続けて連対していたり、極端に悪いわけではありません。

やはり11年の3頭が菊花賞を回避した4歳という事でイメージが近く、ダービーを勝ち切っていたエイシンフラッシュは2着しましたが、ペルーサとトゥザグローリーは能力を出せなかったという結果です。
フェノーメノはペルーサやトゥザグローリーほどクセのあるタイプはなさそうですが、気になるデータではありますね。

ただ今回はゴールドシップを除けば、長距離G1での実績馬がマイネルキッツ、ジャガーメイルなど高齢で、天皇賞(春)か菊花賞で実績がある6歳以下だとトーセンラーくらいになってしまい、じゃあ長距離実績馬からとも言えない状況です。
ゴールドシップから人気薄へという買い方も一考の余地があるレースなのではないでしょうか。

フェノーメノ天皇賞(春)参戦決定!ゴールドシップ一強に待った

日経賞を勝ち、香港か天皇賞(春)かの選択だったフェノーメノが天皇賞(春)への出走を表明しました。
昨年は菊花賞を回避し天皇賞(秋)へ向かっていたこともあり、中距離適性が高い馬というイメージでしたが、先週の日経賞は完勝と言える内容でしたし、京都の3200でも勝負になるという判断になったのでしょう。

ゴールドシップが最有力なのは変わらないと思いますが、本当に楽しみな一頭が出てくれる事になりました。

できればオルフェーヴルも続いてほしいところですが、昨年の結果がありますしやはり難しいとは思いますが、まずは大阪杯できっちりと結果を出してもらいましょう。

先週の日経賞を制したフェノーメノ(牡4歳、美浦・戸田厩舎)が、4月28日の天皇賞・春(京都、GI、芝3200メートル)に参戦することが正式に決まった。戸田調教師がけさ、明らかにした。

 同日の香港クイーンエリザベスIICも検討されていたが、「日本の競馬を盛り上げたい。距離も、競馬っぷりからは大丈夫そう」と、盾を選択した。ゴールドシップとはダービー以来の対決となる(当時はフェノー2着、ゴールド5着)。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130327/ope13032713490019-n1.html

日経賞はフェノーメノ快勝。オルフェ、シップが見えてきた?

日経賞

1着 フェノーメノ
2着 カポーティスター
3着 ムスカテール

昨年JC以来のフェノーメノ、有馬記念以来のオーシャンブルーと休み明けのステイゴールド産駒2頭が人気となり、フェノーメノが人気に応え1着。オーシャンブルーは見せ場もなく9着と敗れ、対照的な結果となりました。

勝ったフェノーメノはネコパンチ、ロードオブザリングから離れた3番手集団の前できっちりと折り合う理想的な展開。4コーナーでも余裕を持ちながら差を詰めていき、あとは直線で交わすだけという競馬でした。
このレースぶりを見れば天皇賞(春)の京都3200でも勝負できそうな感じはありますね。ゴールドシップは強いですが、この馬は前で競馬できますしチャンスは十分あるでしょう。
次走は香港か天皇賞(春)かまだ決まっていないようですが、ファンとしては是非天皇賞の方に出てきてもらいたいものです。

どちらにせよ休みを挟んでのこの勝利は完全に本格化と思っていいでしょう。オルフェーヴル、ゴールドシップとステイゴールド産駒には強い2頭がいますが、この馬も絡んでいけそうな感じですね。

2着カポーティスターはフェノーメノの前の位置取りから、先に抜け出し粘りこみました。
3,4コーナーでマイネルキッツに捲られた際に多少釣られたような中途半端な形でいってしまったように見えましたが、結果的にはこれで良かったですね。
展開的に良い位置にいられたのは確かですが、早めに仕掛ける形になってこの結果なら十分でしょう。
天皇賞(春)でも前々でしぶとく粘ってくる可能性はありそうです。

フェノーメノ、天皇賞(春)か香港遠征かは日経賞次第

3/23の日経賞への出走を予定しているフェノーメノは、日経賞の結果次第でその後の予定を天皇賞(春)に出走するか、香港のクイーンエリザベス2世Cに出走するかを決めたいとの事。
昨秋に距離の問題から菊花賞ではなく、天皇賞(秋)を選んでいる事からも、遠征というハードルはありますが香港を選ぶ可能性は高いですが、まずは日経賞できちんと復帰をというところですね。

春のこの時期は中距離馬の目標が難しく、ドバイや香港というパターンもだいぶ多くなってきました。
天皇賞(春)にメンバーが揃わなくなって久しいですが、これはもう仕方のない流れなんでしょうね。

23日の日経賞(中山)で始動するフェノーメノ(牡4=戸田)は今春、香港のクイーンエリザベス2世C(4月28日、シャティン)に参戦する可能性が出てきた。14日、戸田師が明らかにした。「登録は済ませました。日経賞の結果次第ですが天皇賞(4月28日、京都)か香港に行くのか、オーナーサイドと相談して決めたい」と同師。クイーンエリザベス2世Cは昨年、ルーラーシップが優勝。出走すれば、2年連続で日本馬Vの期待もかかる。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/03/15/kiji/K20130315005395560.html