阪神大賞典はゴールドシップ復活の3馬身半差!天皇賞(春)へ

阪神大賞典

1着 ゴールドシップ
2着 アドマイヤラクティ
3着 バンデ

ゴールドシップが久々に強さを見せてくれました。
道中はバンデの2番手で、かなりかかる素振りも見せていましたが、4コーナーで仕掛けると一気に後続を突き放す圧勝。やはり能力を発揮できればここでは一枚上ですね。
この馬に関しては、展開や相手関係よりもまずはまともに走るのかというのが最も気になる点です。
天皇賞(春)でも以前のような捲りは不発も心配なので、スタートがまともならある程度出していく今日のような乗り方になるのではないでしょうか。
岩田騎手が天皇賞(春)でも乗るかどうかは日経賞のウインバリアシオン次第という事ですが、鞍上が誰なのかも非常に気になる馬ですね。
天皇賞(春)にはフェノーメノやキズナが出てくる予定ですが、このゴールドシップの圧勝でまた面白くなりそうです。

2着アドマイヤラクティは有馬記念は大きく負けましたが、安定感のある馬で、長距離では更に信頼性が高いですね。
ハーツクライにエリシオという血統構成も阪神の長いところはピッタリという印象です。(阪神大賞典くらいしかありませんが)
天皇賞(春)に向けてという意味では、京都に変わって特に良くなる事はなさそうですし、今回もゴールドシップには完敗している事からも、力では一枚落ちると言わざるを得ません。
ただ最近の天皇賞(春)は荒れる事も多いですし、3200はもう特殊と言っていいレースです。上位が崩れれば馬券圏内の可能性はありそうです。

3着バンデは4コーナーで一杯かと思いましたが、ゴールドシップは別としてアドマイヤラクティにはかなりの抵抗を見せました。
一杯になったのではなく、動かなかったみたいですね。
今回はゴールドシップが2番手という事で、厳しい競馬になってしまいましたが、今後も長距離を中心にまだまだ楽しみの多い馬です。
このタイプの逃げ馬らしく、負ける時はもっと大きく負けてくれれば、オッズの面からも面白いんですけどね(笑)
天皇賞(春)は賞金的に微妙ですが、この馬は出てきてほしいですね。