京都記念はデスペラードが巧みに逃げ切り快勝。ジェンティルドンナは6着

京都記念

1着 デスペラード
2着 トーセンラー
3着 アンコイルド

ジェンティルドンナの復帰戦として注目され、ジェンティルドンナは単勝オッズ1.6倍の圧倒的な1番人気に推されますが直線いつもの伸びがなく6着。
今回は逃げたデスペラードが逃げ切って快勝。2着には中団から押し上げ直線外に出したトーセンラーでした。

勝ったデスペラードは、今回逃げ馬がいない事もあって、鞍上横山典騎手ははじめから逃げる事も考えていたようですね。
こういうところは相変わらず怖いジョッキーです。
すんなりとハナを奪ってからスローに落とし1000mの通過は63.7。上がりは34.1となってますので、これでは後方の馬は届かないですね。
元々ダート中距離の追込馬としてオープンまで上がってきた馬ですが、その後芝の長距離で結果を出し、昨年秋からは自在性も見せてきてはいましたが、ここで逃げ切るという競馬を見せました。
4コーナーで一度交わされても焦る事がなかった点など、横山典騎手の騎乗が光るレースでしたが、それに応えたデスペラードも見事です。
今後は天皇賞(春)という事になりそうですが、どういう乗り方をしてくるか楽しみですね。

2着トーセンラーは京都では本当に距離関係なく走ってきますね。まぁ昨年のこのレースを勝っていますし元々このくらいの距離で活躍していた馬なんですが。
完璧に乗ったデスペラードには届きませんでしたが、前有利な流れの中58kg背負ってここまで来ているのは十分評価できます。
今後については春の目標は安田記念という事で、天皇賞(春)には出てこない可能性が高いですが、昨年の春天2着の実績からも、今の充実度なら中心の一角です。

6着に敗れたジェンティルドンナはスタート直前にゲートをくぐろうとするような仕草を見せたものの、折り合いも問題ないように見えましたが、直線では全く伸びず。
スローの道中でも折り合っていたところがらしくないと言えばそうなのですが、ここまで無抵抗というのはちょっと意外でした。
昨年の宝塚記念(良発表でしたが)でも渋った馬場が良くなかったですし、休み明けだった事も重なってと解釈するしかないのでしょうが、それにしても…という負け方ですね。
次は予定通りドバイという事なので、馬券的には心配しなくて良さそうですが、かなり気になる敗戦です。

天皇賞(春)はフェノーメノが完勝。ゴールドシップは不発5着

天皇賞(春)

1着 フェノーメノ
2着 トーセンラー
3着 レッドカドー

圧倒的人気に支持されたゴールドシップはいつものように早めに仕掛けて捲りにいくも、いつもの勢いがなく4コーナーでは外からジャガーメイルに被せられてしまうような手応えで、直線を向いても伸びる力はなし。
中団から徐々に進出したフェノーメノが抜け出し完勝となりました。

勝ったフェノーメノはきちんと折り合えた事で初の長距離を克服できました。中団から徐々に押し上げていって、4コーナーでは先頭に並びかける理想的な形で、ゴールドシップがやや不発気味だったのは確かですが、この馬の完勝といっていい内容だったのではないでしょうか。
この後は宝塚記念に向かうようですが、元々中距離の方がいい馬で阪神の2200も合いそうです。宝塚記念ではゴールドシップに加え、オルフェーヴルやジェンティルドンナも参戦予定となっていますので、非常に楽しみです。

2着トーセンラーはフェノーメノの後ろから進め、4コーナーではフェノーメノの外に並びかける形まできましたが、直線を向いたところでフェノーメノに離されてしまいました。
距離の問題もあるのかもしれませんが、このレースに関してはフェノーメノには力負けの印象ですね。
ただG3をなかなか勝ち切れなかった昨年から考えれば、今年に入っての京都記念とこの天皇賞(春)の結果は悪くありません。京都が合うのは間違いなさそうですが、今の状態であれば宝塚記念でも無視はできません。

5着に敗れたゴールドシップはこういう乗り方しか出来ない以上、今回のようなリスクは常にあるという事でしょうね。スタートで後方になるのは想定内だったと思いますが、その後もずっと余裕がなかったように見えたレースでした。
ただ4コーナーあたりのあの手応えで5着したのはさすがと言えますね。あの仕掛け方で不発に終わった場合は馬群に沈んでいてもおかしくありません。

京都記念はトーセンラーが快勝。2年ぶりの勝ち星

京都記念

1着 トーセンラー
2着 ベールドインパクト
3着 ショウナンマイティ

人気は距離の不安を抱えながらのジャスタウェイ。実績上位も宝塚記念以来の休み明けとなるショウナンマイティが2番人気と、どの馬を不安を抱えながらというレースでした。

レースはビートブラックがマイペースで逃げる展開を、ショウナンマイティが向こう正面から進出して一気に先頭へ。
そのままショウナンマイティが先頭で直線を向き抜け出しを図るが、外から伸びたトーセンラーがあっさりと捉え、1馬身半差の勝利。2着には後方からジリジリと伸びてきたベールドインパクト。ショウナンマイティは3着という結果でした。

勝ったトーセンラーはちょうどいい位置をちょうど良く回れた感じですね。ショウナンマイティが早めに仕掛けてくれた事も結果的には楽になりました。重賞でも善戦し続けている馬ですが、勝ったのはきさらぎ賞以来で約2年ぶりという嬉しい勝利となりました。
2000mでの好走が目立ち中距離馬という印象ですが、京都は合いますしオルフェーヴルからは0.7離されてますが菊花賞も3着しています。天皇賞(春)ではゴールドシップにまともに勝負ができるかと言うと不安な部分は大きいですが、道中スムーズならこなせる可能性はありそうですね。

2着ベールドインパクトは最後までよく伸びて2着確保。長い脚が使えて長距離向きな印象もありますが、成績からは中距離の方がいい馬です。勝ち馬もそうですがディープインパクト産駒はマイルから中距離という馬が多いですね。
速い脚は使えないので、展開にも注文のつく馬です。

3着ショウナンマイティは休み明けで強引にいった割には良く走ったという感じです。
こちらは成績からも長距離ははっきりとだめなので、天皇賞(春)には出てこなそうです。