ウインバリアシオンは岩田騎手で天皇賞(春)参戦決定。ゴールドシップの鞍上は?

日経賞を勝ったウインバリアシオンは岩田騎手で天皇賞(春)への参戦が決定したようです。
屈腱炎での長期休養を乗り越えて大きなチャンスが巡ってきました。なんとしてもここでG1タイトルをとりたいでしょう。

岩田騎手は阪神大賞典でゴールドシップの手綱をとりましたが、ウインバリアシオンの天皇賞(春)出走が決まった事で、ゴールドシップの鞍上が空く形になりました。
阪神大賞典でも岩田騎手がどうにか抑えて折り合わせたという印象でしたし、天皇賞(春)で騎乗馬がいなくて、ゴールドシップを京都の3200で乗りこなせる騎手となると、ちょっと思いつきません。

天皇賞(春)でもゴールドシップはある程度の人気は間違いないでしょうし、誰が乗るのか気になるところです。

日経賞を制したウインバリアシオン(牡6=松永昌)は岩田とのコンビで天皇賞・春(5月4日、京都)へ。 
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/04/02/kiji/K20140402007898770.html

日経賞はウインバリアシオンが捲って快勝!天皇賞(春)へ

日経賞

1着 ウインバリアシオン
2着 ホッコーブレーヴ
3着 ラストインパクト

天皇賞(春)へ向けて、有馬記念2着以来のウインバリアシオンと、宝塚記念4着以来の9ヶ月ぶりとなるフェノーメノの2頭のレースぶりが注目された日経賞は1番人気ウインバリアシオンが4コーナーで捲って力で押し切る1馬身3/4差の快勝。

ウインバリアシオンは惜しいレースが続いていたことや、長期休養もあってこれが約3年ぶりの勝利で、青葉賞以来となります。
G1で3度オルフェーヴルの2着を経験している馬ですが、屈腱炎を乗り越え、また大きなチャンスが巡ってきましたね。
一昨年の天皇賞(春)は折り合いに専念するオルフェーヴルを意識するあまり、ビートブラックに逃げ切られてしまったレースですが、あのレースで3着は位置取りを考えれば十分で、自身の成績やハーツクライ産駒である事も考えると京都はベストではありませんが、こなせる範囲でしょう。

あとは相手関係ですが、昨年の天皇賞(春)を制しているフェノーメノは今回使って良化してくるでしょうし、ゴールドシップは阪神大賞典では久々に強い競馬を見せました。
大阪杯ではキズナやメイショウマンボが始動します。(エピファネイアは天皇賞(春)は使わない予定)

2着ホッコーブレーヴは毎回いい脚を使って伸びてきますが、どうしても展開に左右にされてしまいます。
今回は馬場や展開も上手くハマった感じですね。ウインバリアシオンが捲ったところでは我慢していて、悪く言えば着を拾う形ですが、天皇賞(春)でも自分の競馬に徹してどこまで、という形でしょう。
バンデが飛ばして有力どころが早めに仕掛けていく中で、腹を括って溜めているような展開なら一発あるかもしれませんね。

3着ラストインパクトは狭い内々を回って最後までしっかりと伸びました。
今の中山の内はコースロスがなくても、馬場は悪く、あの内を通れた事がプラスだったかと言うとなかなか微妙です。
中山2500で今日のような競馬が合うタイプではないので、3着に来れた事自体は力をつけている証明だと言えるのではないでしょうか。
元々期待されて馬ですし、今後が非常に楽しみです。

フェノーメノは前々でいい形に見えましたが、やはり休み明けが響いた形ですかね。
ただ馬体重が-8kgと減っていた事と、かかり気味に進んで前々でいっぱいになるような形で、休み明けの競馬としてはあまり良い形ではなかったように感じますね。
ステイゴールド産駒という事で完全に復調するには少し時間がかかるような気もしますが、今の中山は特殊な馬場でもあるんで、そのあたりの影響もあったと考えれば、京都の天皇賞(春)では一変する可能性もありますね。