京都記念はトーセンラーが快勝。2年ぶりの勝ち星

京都記念

1着 トーセンラー
2着 ベールドインパクト
3着 ショウナンマイティ

人気は距離の不安を抱えながらのジャスタウェイ。実績上位も宝塚記念以来の休み明けとなるショウナンマイティが2番人気と、どの馬を不安を抱えながらというレースでした。

レースはビートブラックがマイペースで逃げる展開を、ショウナンマイティが向こう正面から進出して一気に先頭へ。
そのままショウナンマイティが先頭で直線を向き抜け出しを図るが、外から伸びたトーセンラーがあっさりと捉え、1馬身半差の勝利。2着には後方からジリジリと伸びてきたベールドインパクト。ショウナンマイティは3着という結果でした。

勝ったトーセンラーはちょうどいい位置をちょうど良く回れた感じですね。ショウナンマイティが早めに仕掛けてくれた事も結果的には楽になりました。重賞でも善戦し続けている馬ですが、勝ったのはきさらぎ賞以来で約2年ぶりという嬉しい勝利となりました。
2000mでの好走が目立ち中距離馬という印象ですが、京都は合いますしオルフェーヴルからは0.7離されてますが菊花賞も3着しています。天皇賞(春)ではゴールドシップにまともに勝負ができるかと言うと不安な部分は大きいですが、道中スムーズならこなせる可能性はありそうですね。

2着ベールドインパクトは最後までよく伸びて2着確保。長い脚が使えて長距離向きな印象もありますが、成績からは中距離の方がいい馬です。勝ち馬もそうですがディープインパクト産駒はマイルから中距離という馬が多いですね。
速い脚は使えないので、展開にも注文のつく馬です。

3着ショウナンマイティは休み明けで強引にいった割には良く走ったという感じです。
こちらは成績からも長距離ははっきりとだめなので、天皇賞(春)には出てこなそうです。

斜行に物議もダノンバラードが勝利。AJCC

アメリカジョッキーCC

1着 ダノンバラード
2着 トランスワープ
3着 アドマイヤラクティ

ダノンバラードとベリー騎手の斜行が物議を醸したレースですね。今年から変わった降着ルールを知らしめる結果となりました。

ネコパンチが離して逃げる展開で、道中は馬群がバラける流れ。宝塚記念以来の休み明けだったネコパンチは早々に失速し、3,4コーナー中間では捕まり、一気に馬群が詰まった状態で直線へ。
まず外に出したダノンバラードが先頭に立ち、内からはゲシュタルトとトランスワープ。ここでダノンバラードが大きく内側に斜行し、トランスワープの前をカット。ゲシュタルトと合わせて2頭とも完全に行き場がなくなり手綱を引っぱる状態。
そのままダノンバラードが先頭でゴールし、体勢を立て直して再度伸びてきたトランスワープが2着。外を回したアドマイヤラクティが3着。

勝ったダノンバラードは斜行癖があるとの事で、ヨレたというよりは内ラチに向かっていった感じですね。
トランスワープ、ゲシュタルトには致命的な不利となってしまいましたが、ダノンバラードの脚を見る限りでは斜行がなくてもそのまま勝っていたと思います。だからと言って問題にしなくていいという事ではありませんけどね。
3歳時から期待されてきたダノンバラードですが、ここからようやく本格化という事になるでしょうか。

2着のトランスワープはあれだけの不利を受けてよく詰めてきたという印象ですね。
今までの使われ方からも、父ファルブラヴからも中距離馬なんですが、母父リアルシャダイが僅かに春の天皇賞への期待を抱かせます。

3着のアドマイヤラクティは常に好走を続けている馬で、ここへ来て重賞でも勝負になってきている楽しみな馬ですね。
ここはトランスワープは捕まえてほしかった気はしますが、今後も注目の1頭ですね。

日経新春杯はカポーティスターが内枠、軽ハンデを利した勝利

日経新春杯

1着 カポーティスター
2着 ムスカテール
3着 トウカイパラダイス

この日の京都は内が断然有利という馬場で、人気のムスカテールは最内の1枠1番、対して2,3番人気のダコールとカフナはともに7枠と外枠をどう乗るかが注目されました。

レースは平均ペースで流れ、トウカイパラダイス、カポーティスターが先行勢の内、その後ろにムスカテールとなり、カフナは中団外、ダコールは後方外という形。
直線を向いてトウカイパラダイスが逃げるホッコーガンバ、トップゾーンを外から捕まえるも、同時に内々を回ったカポーティスターがそのまま内を突いて伸び、半馬身ほどのリード。トウカイパラダイスも食い下がるが差は縮まらず、カポーティスターが重賞初勝利。
同じく内から伸びてきたムスカテールが2着、トウカイパラダイスは3着。

勝ったカポーティスターは52kgの軽ハンデと馬場のいい内側を通れた事で、恵まれた部分は大きかったですね。
とは言え1000万勝ち直後のG2制覇は明け4歳馬ですし、大きな成長も予感させます。斤量の恩恵がなくなる今後の重賞戦線でどういったレースを見せてくれるかですね。

2着ムスカテールは、こちらも馬場のいいところを通れています。アルゼンチン共和国杯以来のレースで馬体重も+12kgという状態でこの結果ならまずまずと言えるのではないでしょうか。
ただこちらももう一つ強くなってこないと上とはちょっと差がある印象ですね。

2012年の参考レース

有馬記念

ゴールドシップが捲り気味に押し上げて、直線も外から突き抜ける完勝。2着に10番人気のオーシャンブルー。

ステイヤーズS

10歳馬トウカイトリックが勝利。2着ファタモルガーナ、3着デスペラードは今後長距離戦の常連になるかもしれませんね。

アルゼンチン共和国杯

ルルーシュが快勝。ムスカテール、マイネルマークも長いところで面白い存在になってきそうです。

菊花賞

ゴールドシップが皐月賞、菊花賞の二冠達成。2着スカイディグニティは2013年に入ってから屈腱炎を発症し長期休養となってしまいました。