日経賞はフェノーメノ快勝。オルフェ、シップが見えてきた?

日経賞

1着 フェノーメノ
2着 カポーティスター
3着 ムスカテール

昨年JC以来のフェノーメノ、有馬記念以来のオーシャンブルーと休み明けのステイゴールド産駒2頭が人気となり、フェノーメノが人気に応え1着。オーシャンブルーは見せ場もなく9着と敗れ、対照的な結果となりました。

勝ったフェノーメノはネコパンチ、ロードオブザリングから離れた3番手集団の前できっちりと折り合う理想的な展開。4コーナーでも余裕を持ちながら差を詰めていき、あとは直線で交わすだけという競馬でした。
このレースぶりを見れば天皇賞(春)の京都3200でも勝負できそうな感じはありますね。ゴールドシップは強いですが、この馬は前で競馬できますしチャンスは十分あるでしょう。
次走は香港か天皇賞(春)かまだ決まっていないようですが、ファンとしては是非天皇賞の方に出てきてもらいたいものです。

どちらにせよ休みを挟んでのこの勝利は完全に本格化と思っていいでしょう。オルフェーヴル、ゴールドシップとステイゴールド産駒には強い2頭がいますが、この馬も絡んでいけそうな感じですね。

2着カポーティスターはフェノーメノの前の位置取りから、先に抜け出し粘りこみました。
3,4コーナーでマイネルキッツに捲られた際に多少釣られたような中途半端な形でいってしまったように見えましたが、結果的にはこれで良かったですね。
展開的に良い位置にいられたのは確かですが、早めに仕掛ける形になってこの結果なら十分でしょう。
天皇賞(春)でも前々でしぶとく粘ってくる可能性はありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です