阪神大賞典はゴールドシップの完勝。天皇賞(春)へ死角なし

阪神大賞典

1着 ゴールドシップ
2着 デスペラード
3着 フォゲッタブル

単勝1.1倍の圧倒的人気に推されたゴールドシップが余裕を持っての完勝。さすがにここでは力が違いました。
天皇賞(春)に向けて死角はほぼありませんが、捲りが武器の馬なので反応が悪かったり、捲れないような展開になった場合に取りこぼす可能性は常に持っているのですが、ここまでの走りを見る限りでは捲り不発は想像しにくいですね。
あとは相手関係ですが、オルフェーヴルが出てくるかどうかだけではないでしょうか。

2着のデスペラードはゴールドシップの後ろという位置取りで自分の競馬に徹しました。賞金的な事を考えればこの馬はここで賞金を加算できた事は大きく、天皇賞(春)の出走も叶いそうです。
逆に馬体を併せて勝負したベールドインパクトは厳しい結果になりました。2頭の対照的な乗り方が結果的には着順を分けた感じですが、まぁ結果論になってしまいますね。

3着フォゲッタブルはなんと3年ぶりの馬券圏内。過去には天皇賞(春)で1番人気にもなったことがある良血馬ですが、ここから復活となるかというところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です