京都記念はトーセンラーが快勝。2年ぶりの勝ち星

京都記念

1着 トーセンラー
2着 ベールドインパクト
3着 ショウナンマイティ

人気は距離の不安を抱えながらのジャスタウェイ。実績上位も宝塚記念以来の休み明けとなるショウナンマイティが2番人気と、どの馬を不安を抱えながらというレースでした。

レースはビートブラックがマイペースで逃げる展開を、ショウナンマイティが向こう正面から進出して一気に先頭へ。
そのままショウナンマイティが先頭で直線を向き抜け出しを図るが、外から伸びたトーセンラーがあっさりと捉え、1馬身半差の勝利。2着には後方からジリジリと伸びてきたベールドインパクト。ショウナンマイティは3着という結果でした。

勝ったトーセンラーはちょうどいい位置をちょうど良く回れた感じですね。ショウナンマイティが早めに仕掛けてくれた事も結果的には楽になりました。重賞でも善戦し続けている馬ですが、勝ったのはきさらぎ賞以来で約2年ぶりという嬉しい勝利となりました。
2000mでの好走が目立ち中距離馬という印象ですが、京都は合いますしオルフェーヴルからは0.7離されてますが菊花賞も3着しています。天皇賞(春)ではゴールドシップにまともに勝負ができるかと言うと不安な部分は大きいですが、道中スムーズならこなせる可能性はありそうですね。

2着ベールドインパクトは最後までよく伸びて2着確保。長い脚が使えて長距離向きな印象もありますが、成績からは中距離の方がいい馬です。勝ち馬もそうですがディープインパクト産駒はマイルから中距離という馬が多いですね。
速い脚は使えないので、展開にも注文のつく馬です。

3着ショウナンマイティは休み明けで強引にいった割には良く走ったという感じです。
こちらは成績からも長距離ははっきりとだめなので、天皇賞(春)には出てこなそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です