天皇賞(春)はフェノーメノが完勝。ゴールドシップは不発5着

天皇賞(春)

1着 フェノーメノ
2着 トーセンラー
3着 レッドカドー

圧倒的人気に支持されたゴールドシップはいつものように早めに仕掛けて捲りにいくも、いつもの勢いがなく4コーナーでは外からジャガーメイルに被せられてしまうような手応えで、直線を向いても伸びる力はなし。
中団から徐々に進出したフェノーメノが抜け出し完勝となりました。

勝ったフェノーメノはきちんと折り合えた事で初の長距離を克服できました。中団から徐々に押し上げていって、4コーナーでは先頭に並びかける理想的な形で、ゴールドシップがやや不発気味だったのは確かですが、この馬の完勝といっていい内容だったのではないでしょうか。
この後は宝塚記念に向かうようですが、元々中距離の方がいい馬で阪神の2200も合いそうです。宝塚記念ではゴールドシップに加え、オルフェーヴルやジェンティルドンナも参戦予定となっていますので、非常に楽しみです。

2着トーセンラーはフェノーメノの後ろから進め、4コーナーではフェノーメノの外に並びかける形まできましたが、直線を向いたところでフェノーメノに離されてしまいました。
距離の問題もあるのかもしれませんが、このレースに関してはフェノーメノには力負けの印象ですね。
ただG3をなかなか勝ち切れなかった昨年から考えれば、今年に入っての京都記念とこの天皇賞(春)の結果は悪くありません。京都が合うのは間違いなさそうですが、今の状態であれば宝塚記念でも無視はできません。

5着に敗れたゴールドシップはこういう乗り方しか出来ない以上、今回のようなリスクは常にあるという事でしょうね。スタートで後方になるのは想定内だったと思いますが、その後もずっと余裕がなかったように見えたレースでした。
ただ4コーナーあたりのあの手応えで5着したのはさすがと言えますね。あの仕掛け方で不発に終わった場合は馬群に沈んでいてもおかしくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です